1 目指す児童像
(1)丈夫な体をつくり、健康に生活する児童
(2)友達と仲良く学習や集団活動をする児童
(3)意欲をもって目標や課題に向かう児童

 

 
 

2 今年度の重点事項(項目のみ)
(1)丈夫な体つくりと基本的な生活習慣を身に付ける指導
(2)周りの人たちと良好な関わりができる力を育てる指導

 
  (3)「わかる できる ふりかえる」学習を通して、学習に向かう意欲や態度、学習習慣を    育てる授業づくり  
     
 

小学部では、新入生1名と3年・5年に1名 合計5名の転入生を迎え、
34名でスタートしました。健康で丈夫な体をつくり、仲良く、目標に向かって生き生きと活動することで心身共に成長していくことを目指しています。他学年、他学部の児童生徒と一緒の活動場面を多くし、多くの人との関わりをもてるようにしています。また、学級、学部、学校全体のための係活動に年間を通して取り組んだり、地域では花火大会会場のクリーンアップに参加したりと、働く体験も大切にしています。交流活動では居住地校交流や夏祭りの招待、樽みこしコンテスト参加など、近隣の小学校や地域の方々とのつながりも深めています。またダンスチーム「花」を結成し、地域での行事でダンスの披露もしています。教室で学んだことを地域の中でも生かせるよう「地域が教室」と校外での経験をたくさんできるよう計画しています。瞳かがやき笑顔あふれる小学部の子どもたちに是非会いに来てください。

 
       
 
   
 
ダンス発表
ダンスチーム「花」では、運動会や秋山台祭で覚えダンスを披露しています。大曲婦人会主催で市民会館で行われる助けあい演芸会、大曲花火大会を盛り上げるための花火ウィーク、そしてイオン大曲店で行われる「みんなの発表会」で発表しています。土日の行事ですので保護者の皆さんの協力は欠かせません。回を重ねる毎に参加する児童の数も増え、ますます賑わってきた小学部の活動です。
 
 
 
    みんなのためのお仕事
 毎朝約20分ほどの時間、小学部児童は「みんなのためのお仕事」として係の仕事お行っています。水飲み場掃除や教室出入り口のガラス磨き、廊下や多目的室、体育館のモップ掛け、他教室の黒板拭きや職員室、教室のゴミ捨て、そして玄関の掃き掃除や下足棚拭き等々、係の種類はたくさんあります。毎日、毎朝仕事を続けることが「誰かのために役に立つ・自分の責任を果たす」という大切な学習につながっています。