1 目指す生徒像
 (1)病気やけがに気を付け、規則正しく生活する生徒
 (2)仲間を思いやり、協力し合って生活する生徒
 (3)寄宿舎生活を通して、自主的に活動する生徒


 
 

2 今年度の重点事項
 (1)基本的生活習慣の定着を目指した生活指導の充実
 (2)相手を思いやる態度や周囲の状況に応じた、関わる力の育成

 
   (3)生徒が自ら考え、行動する力の育成  
     
 

 「けやき寮」は、学校所在地大曲市(現大仙市)の木『けやき』にちなみ『けやき』のように太くたくましく成長してほしいとの願いから名付けました。
 今年度の「けやき寮」では、中学部7名、高等部19名の計26名の生徒が生活しています。毎日の生活の中で、経験を重ね、自立に必要な力を身に付けることを目指しています。
 また、仲間を思いやる気持ちを大切にし、お互いに協力しながら、みんなが楽しく生活しています。

 
 
     
         
   

 

「アイロン掛け練習」

 日常生活能力の生活技能を身に付けるため、掃除や洗濯などの練習に取り組んでいます。 
 
   

     
 

 

「地域貢献活動」

 平成27年度から、地域の介護老人保健施設を訪問して、ドンパン踊りを披露したり、一緒に折り紙やゲームを楽しんだりしながら、利用者の方々と交流をしています。