1 目指す学校像

     
 

   瞳かがやき、笑顔あふれる学校

 
    
     
  2 目指す児童生徒像
     
 

  一人一人の障害の状態や発達段階、特性等に応じた知識、技能及び態度を身に付け、積極的に社会参加、職業自立できる児童生徒を目指す。

 (1) じょうぶな子   健康で、安全な生活ができる児童生徒
 (2) すなおな子    明るく、仲良く、礼儀正しい児童生徒
 (3) がんばる子   進んで取り組み、最後までやりぬく児童生徒

 
    
     
  3 特色ある教育活動(地域が教室〜伝統の継承と発展〜)  
 

 (1)地域に根ざした学習活動、地域の人々との日常的な交流活動
 (2)地域における感謝される体験を通した「思いやりの心」の育成
 (3)児童生徒の主体性を育む学校環境整備、校内奉仕活動

 
    
 
  4 今年度の重点事項  
 

 (1) 自立を目指した「できる状況づくり」の定着・拡充(実践研究充実事業)
   ・キャリア教育の視点で学部を貫く教育の実践
   ・「分かる、できる,振り返る」授業による確かな学びの実現
   ・個別の指導計画に基づく自立活動の指導充実
 (2) 地域事業所や行事と連動した実践的職業教育の展開
   ・事業所等からの受注によるオリジナル作業製品の開発
   ・「大曲の花火」等、地域の行事やイベントでの販売活動の積極的実施
   ・進路希望実現のための新たな職域の開拓
 (3) 県南地区特別支援学校との交流活動の推進
   ・作業学習等の合同学習や技能競技会、特体連種目、部活動の合同練習の実施
 (4) 関係機関(学校、支援者、支援団体、施設等)との連携した積極的な情報発信
   ・社会貢献活動のさらなる周知を図る宣伝活動の充実   

 
    
 
  5 経営評価の視点  
   (1) 児童生徒の明らかな変容が見える授業実践ができたか。
 (2) 職域を広げ、実践的な職業教育を実施できたか。
 (3)特別支援学校連携の取組が計画的に実施できたか。
 (4)社会貢献活動により学校への理解を促進できたか。
 
    



 
   
  地域の方々の支えと関わりを教育活動に生かし、
             子どもたちの社会自立に向けて全職員で指導に当たります。