1 目指す学校像

     
 

   瞳かがやき、笑顔あふれる学校

 
    
     
  2 目指す児童生徒像
     
 

  一人一人の障害の状態や発達段階、特性等に応じた知識、技能及び態度を身に付け、積極的に社会参加、職業自立できる児童生徒を目指す。

 (1) じょうぶな子   健康で、安全な生活ができる児童生徒
 (2) すなおな子    明るく、仲良く、礼儀正しい児童生徒
 (3) がんばる子   進んで取り組み、最後までやりぬく児童生徒

 
    
     
  3 特色ある教育活動  
 

 (1)地域に根ざした学習活動、地域の人々との日常的な交流活動
 (2)体験的・実践的な活動を通したキャリア教育の充実
 (3)児童生徒の主体性を育む学校環境整備

 
    
 
  4 今年度の重点事項  
 

  (1) 新学習指導要領に対応した教育課程の編成と授業づくりの推進
   ・ワークショップ型研究会による児童生徒の視点に立った授業改善の推進
   ・児童生徒の学び合いと学びの実感を目指した学習活動の「見える化」の取組
 (2) 「地域が教室」を基盤とする地域の資源や特色を生かした教育活動の充実
   ・「新しい生活様式」に対応した交流および共同学習の取組
   ・学びの深まり、広がりを目指した地域の人材等との積極的な連携
 (3) 児童生徒の進路実現に向けたキャリア教育の強化
   ・勤労観・職業観を育成するための学部間のつながりのある活動の推進
   ・進路選択・進路実現に向けた実習の全体計画の見直しと体制の強化
 (4) 特別支援学校のセンター的機能の推進
   ・特別支援教育セミナーや心理検査、相談後のフォローアップの実施
   ・小・中学校、高等学校等における障害理解授業の推進
 (5) 寄宿舎の機能を活用した教育活動の展開
   ・児童生徒一人一人の課題解決に向けた計画的・体系的な生活指導の充実

 
    
 
  5 経営評価の視点  
   (1) 新学習指導要領の主旨を理解し、学習活動の「見える化」を通して、生徒の学びの実
   感を見取りながら授業期善につなげることができたか。
 (2) 「新しい生活様式」を意識し、必要な配慮と工夫をしながら、効果的な交流活動を進
   めることができたか。
 (3)勤労観・職業観の育成に向けて、小・中・高の学部間で相互的な関わりのある具体的
    な活動ができたか。
 (4)小・中学校、高等学校等の障害理解・障害児対応を推進できたか。

 (5)寄宿舎の機能を活用して、児童生徒の生活指導の充実が図られたか。
 
    
 
   
  地域の方々の支えと関わりを教育活動に生かし、
             子どもたちの社会自立に向けて全職員で指導に当たります。