1 目指す学校像

     
 

   瞳かがやき、笑顔あふれる学校

 
    
     
  2 目指す児童生徒像
     
 

  一人一人の障害の状態や発達段階、特性等に応じた知識、技能及び態度を身に付け、積極的に社会参加、職業自立できる児童生徒を目指す。

 (1) じょうぶな子   健康で、安全な生活ができる児童生徒
 (2) すなおな子    明るく、仲良く、礼儀正しい児童生徒
 (3) がんばる子   進んで取り組み、最後までやりぬく児童生徒

 
    
     
  3 特色ある教育活動(地域が教室〜伝統の継承と発展〜)  
 

 (1)地域に根ざした学習活動、地域の人々との日常的な交流活動
 (2)地域における本物の体験を通したキャリア教育の充実
 (3)児童生徒の主体性を育む学校環境整備

 
    
 
  4 今年度の重点事項  
 

 (1) 自立を目指した「分かる、できる、振り返る」視点を元にした授業づくりの充実(実践研究充実事業)
   ・自立活動部会、教科別指導部会、進路学習部会からの「日々の授業改善協
    議」における師範授業の提示
   ・新学習指導要領の移行年度として、校内での周知・理解に向けた研修会の
    実施
   ・キャリア教育の視点による月別目標設定・実施・評価、個別の指導計画及
    び年間指導計画との整合性による新たなキャリア教育プランの提案
 (2) ふるさと教育として、各学部が「大曲の花火」を題材とする地域と連携・協働した学習活動の展開
   ・打ち上げ花火のデザイン制作などの「大曲の花火」に関連する学習活動の
    展開
   ・「大曲の花火」に関連する美術作品、作業学習製品や花火に関する学習成
    果の展示等の実施
   ・「大曲の花火」の主催団体と協働した会場準備や企画・運営への参画
 (3) 作業学習製品の品質向上を目指した大曲支援学校ブランドの開発
   ・企業と協働した既存製品の改良と新製品の開発
   ・作業技術向上を目指す技能検定試験の実施とブランド認定委員会の発足
 (4) 地域への認知度向上に向けた宣伝活動の充実
   ・南の園近くのフェンスの外に行事告知、学校紹介の看板設置
   ・FMはなび等のラジオ番組で本校教育活動の定期的な紹介  

 
    
 
  5 経営評価の視点  
   (1) 授業改善により児童生徒の変容が確認でき、目指す授業づくりができたか。
 (2) 各学部が「大曲の花火」に関連する学習活動を通して、地域との連携・協働を進めることができたか。
 (3)新製品の開発や時能検定試験を通して、作業技術の向上を図ることができたか。
 (4)宣伝活動により地域に対して,教育活動への理解を促進できたか。
 
    



 
   
  地域の方々の支えと関わりを教育活動に生かし、
             子どもたちの社会自立に向けて全職員で指導に当たります。