本校は,「地域が教室」を合言葉に,「本物」に触れる機会を大切にするため積極的に校外に学習の場を設けています。「本物」に触れることで,児童生徒にとって魅力的で,より多くのことを学ぶことのできる学習の場となっています。「地域が教室」となった学習活動のうち,いくつかをご紹介します。


 小学部
 小学部3~6年 さつまいも苗購入

   小学部では,毎年畑や花壇で野菜や花を栽培しています。5月に3~6年生の代表児童
  が野菜や花の苗や種を買いにコイケ種苗店へ校外学習に行きました。6年生は秋に行われ
  る「ほくほく祭り」に向けて小学部全員で畑に植えるさつまいもの苗を,5年生は1年生
  に頼まれた苗や種も買いました。行きは路線バスを利用し,バスの乗り方や運賃の支払い
  を体験しました。お店ではメモを見たり店員さんに売り場を尋ねたりしながら目的の苗や
  種を探し,自分たちでレジに並び代金の支払いをしました。


      


 第49回子ども樽みこし    

    8月25日(日)、「第49回子ども樽みこしコンテスト」が花火通り商店街特設会場で
   行われました。今年度は、小学部2・3年生が中心となって作った「ミニオン」のおみこ
   しとともに児童有志12人が参加しました。ボランティアとして六郷高校福祉課の生徒さ
   ん5人にも御協力いただき、水掛けみこしでは、みんな張り切って水を掛けました。
   「わっしょい、わっしょい」と元気な掛け声を掛けながら、「ミニオン」のみこしを担
   ぎ、「パプリカ」のダンスも披露しました。練り歩きとダンスを行った後は、みんなで諏
   訪神社の祭壇でお祓いを受けました。雨が降ったりやんだりする天気でしたが、みんな最
   後までよくがんばりました。
  

    


 ほくほくまつり    

    10月30日、苗植えから芋掘りまでお世話になった大曲婦人会やボランティアの方々
   をお迎えして、「ほくほくまつり」を行いました。前日から、みんなで協力してさつまい
   もを洗ったり、アルミホイルで包んだりして準備をしました。当日は、みんなで一つずつ
   かまどにさつまいもを入れて焼き芋をしました。芋が焼けるまでの間、「いもいも大きく
   なれリレー」をして大盛り上がりでした。その後はみんなお待ちかねの焼き芋の試食タイ
   ム。できたての甘くてほくほくのおいしい焼き芋を食べました。焼き芋やレクリエーショ
   ンを通して、みんなで楽しい時間を過ごすことができました。


     


 りんご狩り
   

    11月1日(金)、秋田県立農業科学館でりんご狩りをしました。小学部では体力づく
   りの一環として、年10回、学校周辺を歩く「歩こう会」を計画し行っています。その成
   果があらわれ、児童約20名は学校から農業科学館、農業科学館から学校までの往復5.6
   ㎞をたくましく歩きました。道中は木々の紅葉も見られ、秋を十分に感じました。
    農業科学館ではりんごの上手な採り方を教えてもらい、自分で選んだりんご「ふじ」を
   収穫しました。また、その場で秋田県のオリジナル品種の「ユメアカリ」を試食しました。
   とてもみずみずしくて甘く、子どもたちはたくさん食べました。朝の雨も止み、徐々に天
   候にも恵まれ、笑顔いっぱいのりんご狩りとなりました  

     


  2020カレンダー配布校外学習    

    小学部では、児童が制作した手作りカレンダーのうち59部を、いつもお世話になって
   いる地域の方々に配布しています。12月19日(木)、29名の児童が3グループに分
   かれ、大仙市役所や大曲商工会議所など23カ所にカレンダーを届ける校外学習を行いま
   した。 
    低学年児童は大川西根地区の小中学校等へ、4、5年生は花火通り方面の事業所へ、6年
   生は市役所や図書館等へ配布しました。1年生は初めてのカレンダー配布学習でしたが、2
   3年生 とペアになり届けました。6年生は今年のカレンダーのテーマや制作でがんばったこ
   とを説明し、届けました。たくさんの方々から「ありがとうございます」と言ってもらえ、
   児童も職員もあたたかい気持ちになりました。

    


 
 中学部
 中学部1年 余目産直でのそば打ち体験

 1年生は,生活単元学習でそば打ちに取り組んでいます。6月には,学校の近くにある
「余目産直」で,そば打ちの体験をしました。地域のそば職人さんに,生地のこね方から
伸ばし方,切り方まで細かく教えていただきました。職人さんたちの手際のよい動きに,
生徒たちは釘付けでした。
 その後,友達と協力して粉をふるいにかけたり,こねたりしてそばを完成させました。
できたてをいただくと,「おいしい」の声が上がり,地域のよさを実感しました。    

     
 
 中学部2年 美郷パン工房の見学    

 2年生は,生活単元学習で調理パン作りに取り組んでいます。パン作りの勉強に「美郷
パン工房」に見学に行ってきました。パン工房の職員さんたちからは,発酵などの温度管
理や材料の分量,こねる強さなど,パン作りで大切なことを教えていただきました。また,
パンを売る際のパッケージや商品の紹介の仕方の工夫についても知ることができました。
今後は,美郷パン工房さんからアドバイスをいただきながら,おいしいパン作りを目指し
ていきます。

     

 中学部3年 大曲農業高校での田植え体験    

 3年生は,5月に大曲農業高校大嶋農場で,田植えの体験をしました。高校生と和気あ
いあいの雰囲気の中,植え方を確認してもらいながら一緒に作業したり,互いに声を掛け
合って苗をやりとりしたりする姿が見られました。1時間以上,夢中になって作業をし,
生徒からは「また交流したい」「仲良くなれた」等の感想がありました。秋の稲刈りも一
緒に行う予定です。

  

 中学部全学年 クリーンアップ活動
    
   中学部では,身近な地域をきれいにする貢献活動として,クリーンアップ活動を行って
  います。1学期中は,学校のある西根地区,大曲の花火が行われる花火会場の周辺,大曲
  駅の周辺と花火通り商店街などで4回行いました。4回目は,大曲支援学校をささえる会
  から,大曲ライオンズクラブ,大曲青年会議所のみなさんもボランティアで参加してくだ
  さいました。活動中に,地域の方々から温かい声援を受けることもあり,役に立つ喜びを
  味わっています。自分たちの街がきれいになることで,地域の方々はもちろんのこと,観
  光で大仙市を訪れる方々にも喜んでもらえるように,活動を続けていきます。
  

 中学部1年 そば名人になろう~そばの種まき

    
   7月22日(月)に、余目地域活性化対策いきいき会議協議会の三浦さんと加藤さんが
  来てくださり、校内の農園にそばの種をまきました。
   ふたに穴を空けたペットボトルを両手に持って、振りながら畑を歩くことで、種を適当
  な間隔でまくことができました。振るときに鳴る「ザッ ザッ ザッ 」という音が楽しくて
  何度も往復する生徒も多数いました。あっという間に種をまき終わり、「楽しかった!」
  「もっとまきたかった」という感想が聞かれました。その後、鳥に食べられないよう、レ
  ーキで丁寧に土をかぶせました。
   当日は終業式ということもあり、生徒たちが実際に畑を見ることができるのは約1ヶ月
  後です。そばの成長を目の当たりにして、どのような反応をしてくれるのか今から楽しみ
  です。

   http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/280-1.jpg http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/280-2.jpg http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/280-3.jpg
 
 中学部作品展2019

    
   8月9日、大曲駅東西自由通路での夏の作品展が始まりました。中学部の生徒が美術の
  授業で作った作品や、作業学習製品を展示しています。和紙の風合いを生かした水彩画や
  貼り絵で表現した取れたて野菜等、夏をイメージした作品が並びます。作業学習で作った
  製品は、丁寧に仕上げられたアイディア豊かな品々です。足を止めて、ごゆっくりご覧く
  ださい。展示期間は8月31日(土)までです。

   
 

  中学部2年 「しゅしゅえっとまるしぇ」にてホットドッグの販売
    
   10月10日(木)「しゅしゅえっとまるしぇ」にて「ほんのりみその大仙ドッグ」の
  販売会を行いました。このホットドッグは「ポルミート」のあらびきソーセージや「ダイ
  セン創農」のトマトジュースを使い、「美郷パン工房」に依頼して商品化したものです。
  5月からソースの試作を重ね、約半年間掛けて準備してきました。
   生徒たちは練習してきたことを発揮して、手際よく準備を行い、チラシ配り、商品説明
  会計、包装と、それぞれの持ち場で販売活動を行いました。次々とお客さんが訪れ、準備
  した50個を1時間程度ですべて売り切りました。生徒からは「販売は楽しかった」「大
  仙の特産品をアピールできてよかった」等の感想があり、手応えを感じた販売会となりま
  した。なお、当日は「ポルミート」のマイケルさんが応援に駆けつけてくれ、一緒に販売
  しました。

   http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/283-1.jpg  

 中学部全学年 クリーンアップ活動
    
   10月24日、8回目のクリーンアップを行いました。今年度最後は、4コースに分か
  れ、日頃お世話になっている学校周辺の西根地区、花火大橋から雄物川堤防公園までの歩
  道をきれいにしました。秋晴れの気持ちよい空の下、歩道の端、草の中などを手際よく探
  し、たばこの吸い殻や段ボール、ペットボトルなどが見つかりました。今年度始めよりご
  みが少なくなったと生徒たちから声があり、中学部の継続的な取組が成果になっているの
  ならうれしいです。今年度8回で集めたごみの総重量は69.1㎏でした。これが「ごみ
  ゼロすっきり」になるように、これからも活動を続けていきたいと考えています。

http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/284-1.jpg http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/284-2.jpg http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/284-3.jpg


 中学部全学年 わくわく販売会
    
   11月28日、大仙市役所、しゅしゅえっとまるしぇ、タカヤナギイーストモール、ス
  ーパーマーケットよねやとまき店の4か所でわくわく販売会を開催しました。この日に向
  けて作業学習週間では接客や会計の練習、チラシやポスター作りに取り組んできました。
  「いらっしゃいませ」「こんにちは」の挨拶がだんだん自然に出るようになり、たくさん
  のお客さんが足を止めてくださいました。「製品の使い方や工夫したところを説明した方
  が、買ってもらえる」と気付き、先輩のまねをしながら接客に接客に意欲的に取り組んで
  いる姿もみられました。各会場で、たくさんの製品を買っていただき、これまでのがんば
  りに達成感を得ることができました。
   翌日、「生徒の姿と心がこもった製品に幸せな気持ちになって、感謝の気持ちを伝えた
  い」と、地域の方から一本の電話がありました。本校が大切にしている、地域が教室、感
  謝される体験が、確実なものとなっていると感じさせられる出来事でした。


    http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/290-1.jpg http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/290-2.jpg http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/290-3.jpg


 中学部1年 「大曲支援がっこそば」完成
    
   1年生は、おいしい「かき揚げそば」を考案して、たくさんの方に食べてもらいたいと
  考えました。材料となる地域の旬の野菜を調べるために、野菜の出荷場や農家を営むお宅
  でお話を聞き、かき揚げの試作を重ねました。そこで、中身を「たまねぎ、春菊、さつま
  いも、いぶりがっこ」にした「大曲支援がっこそば」が完成しました。校内のお披露目会
  では、「かき揚げの衣がふわっとしている」「さつまいもと春菊の彩りがきれい」「いぶ
  りがっこのカリカリ感がよい」などの感想が聞かれました。12月23日(月)~⒈月
  13日(月)まで、学校近くの食堂「福家」さんで、750円でいただくことができます。
    
  http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/291-2.jpg http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/291-1.jpg http://www.oomagari-s.akita-pref.ed.jp/img/chu/291-3.jpg
 

 高等部

 
高等部陶芸班 福伝焼PR活動~山の手ホテルへの納品活動~

 高等部陶芸班は,5月30日山の手ホテルへ,同ホテルで行われている「グルメの会」
のイベントのおみやげを納品しました。今回は人気のあるチェック柄の皿と本校の裏山の
麓で取れた土を使って作ったお猪口(福伝焼)の詰め合わせを75箱,御注文いただきま
した。丹精込めて製作した暖かみのある製品が認められたことで,生徒たちの喜びもひと
しおでした。そして緊張しつつも丁寧に製品を運び,無事に納品することができました。
今後も自分たちが作った製品を直接納品する活動を通して販売の達成感を味わうとともに,
作業学習において,よりよい製品作りをしようとする意欲を高めることを大切にしていき
ます。

  

 
高3 助けあい演芸会

 6月9日に大仙市大曲市民会館大ホールで行われた大曲婦人会主催「第52回助けあい
演芸会」に3年生が出演しました。昨年度の高等部3年生から引き継いで6か月,練習を
重ねた曲耀太鼓を初披露しました。初披露の場が助けあい演芸会ということもあり,生徒
たちは緊張していましたが,「誕生」「挑み」「躍進」の3曲を練習した通りに発表でき
ました。演奏し終えた爽快感とともに,観客の皆さんの温かい拍手に達成感を感じたひと
ときとなりました。

  

 高3 大曲花火ウィーク

 8月30日(金)に、花火ウィークで太鼓演奏をしてきました。前日からの雨の予想が出ており、演奏できるかどうか、生徒たちも心配していましたが、演奏予定時刻15分前に雨が上がり、無事に演奏を行うことができました。会場に集まった方々から大きな拍手をいただくこともできました。「花火の街大曲」を少しでも盛り上げることができたことに生徒たちは充実感を感じています。

     


  高3 長寿を祝う会

 9月6日(金)にプラザたつみで行われた「長寿を祝う会」で太鼓演奏をしてきました。「誕生」「挑み」「躍進」の3曲を披露しました。曲の間の台詞は「長寿を祝う会」用に自分たちで考えて発表し、精一杯の演奏をしました。「光 ~輝けみんなの思い~」に向かって光り輝いている姿を見せられたのではないかなと思います。

    

  
  絆プロジェクト~地域貢献活動~

  地域を盛り上げようと取り組んでいる毎年恒例の絆プロジェクトでは、地域の保育園児や本校小学部の児童に喜んでもらえる交流会を開催しようと、企画から実施まで生徒が中心となって活動を進めました。高等部の生徒が4つの縦割りグループに分かれ、どうしたら子どもたちに喜んでもらえるか話し合い、ゲームで使用するグッズの改良を重ねるなど、3年生がリードしながら準備を進めました。交流会当日は、園児や児童のたくさんの笑顔を見て、高等部生徒も笑顔になり達成感を感じているようでした。みんなで力を合わせてやり遂げ、高等部の絆も深まりました。