本校は,「地域が教室」を合言葉に,「本物」に触れる機会を大切にするため積極的に校外に学習の場を設けています。「本物」に触れることで,児童生徒にとって魅力的で,より多くのことを学ぶことのできる学習の場となっています。「地域が教室」となった学習活動のうち,いくつかをご紹介します。


 小学部
 小学部3〜6年 さつまいも苗購入

   小学部では,毎年畑や花壇で野菜や花を栽培しています。5月に3〜6年生の代表児童
  が野菜や花の苗や種を買いにコイケ種苗店へ校外学習に行きました。6年生は秋に行われ
  る「ほくほく祭り」に向けて小学部全員で畑に植えるさつまいもの苗を,5年生は1年生
  に頼まれた苗や種も買いました。行きは路線バスを利用し,バスの乗り方や運賃の支払い
  を体験しました。お店ではメモを見たり店員さんに売り場を尋ねたりしながら目的の苗や
  種を探し,自分たちでレジに並び代金の支払いをしました。


      
 
 中学部
 中学部1年 余目産直でのそば打ち体験

 1年生は,生活単元学習でそば打ちに取り組んでいます。6月には,学校の近くにある「余目産直」で,そば打ちの体験をしました。地域のそば職人さんに,生地のこね方から
伸ばし方,切り方まで細かく教えていただきました。職人さんたちの手際のよい動きに,
生徒たちは釘付けでした。
 その後,友達と協力して粉をふるいにかけたり,こねたりしてそばを完成させました。
できたてをいただくと,「おいしい」の声が上がり,地域のよさを実感しました。    

     
 
 中学部2年 美郷パン工房の見学    

 2年生は,生活単元学習で調理パン作りに取り組んでいます。パン作りの勉強に「美郷
パン工房」に見学に行ってきました。パン工房の職員さんたちからは,発酵などの温度管
理や材料の分量,こねる強さなど,パン作りで大切なことを教えていただきました。また,
パンを売る際のパッケージや商品の紹介の仕方の工夫についても知ることができました。
今後は,美郷パン工房さんからアドバイスをいただきながら,おいしいパン作りを目指し
ていきます。

     

 中学部3年 大曲農業高校での田植え体験    

 3年生は,5月に大曲農業高校大嶋農場で,田植えの体験をしました。高校生と和気あいあいの雰囲気の中,植え方を確認してもらいながら一緒に作業したり,互いに声を掛け合って苗をやりとりしたりする姿が見られました。1時間以上,夢中になって作業をし,生徒からは「また交流したい」「仲良くなれた」等の感想がありました。秋の稲刈りも一緒に行う予定です。

  

 中学部全学年 クリーンアップ活動
    
   中学部では,身近な地域をきれいにする貢献活動として,クリーンアップ活動を行って
  います。1学期中は,学校のある西根地区,大曲の花火が行われる花火会場の周辺,大曲
  駅の周辺と花火通り商店街などで4回行いました。4回目は,大曲支援学校をささえる会
  から,大曲ライオンズクラブ,大曲青年会議所のみなさんもボランティアで参加してくだ
  さいました。活動中に,地域の方々から温かい声援を受けることもあり,役に立つ喜びを
  味わっています。自分たちの街がきれいになることで,地域の方々はもちろんのこと,観
  光で大仙市を訪れる方々にも喜んでもらえるように,活動を続けていきます。
  

 高等部

 
高等部陶芸班 福伝焼PR活動〜山の手ホテルへの納品活動〜

 高等部陶芸班は,5月30日山の手ホテルへ,同ホテルで行われている「グルメの会」
のイベントのおみやげを納品しました。今回は人気のあるチェック柄の皿と本校の裏山の
麓で取れた土を使って作ったお猪口(福伝焼)の詰め合わせを75箱,御注文いただきま
した。丹精込めて製作した暖かみのある製品が認められたことで,生徒たちの喜びもひと
しおでした。そして緊張しつつも丁寧に製品を運び,無事に納品することができました。
今後も自分たちが作った製品を直接納品する活動を通して販売の達成感を味わうとともに,
作業学習において,よりよい製品作りをしようとする意欲を高めることを大切にしていき
ます。

       


 
高3 助けあい演芸会

 6月9日に大仙市大曲市民会館大ホールで行われた大曲婦人会主催「第52回助けあい
演芸会」に3年生が出演しました。昨年度の高等部3年生から引き継いで6か月,練習を
重ねた曲耀太鼓を初披露しました。初披露の場が助けあい演芸会ということもあり,生徒
たちは緊張していましたが,「誕生」「挑み」「躍進」の3曲を練習した通りに発表でき
ました。演奏し終えた爽快感とともに,観客の皆さんの温かい拍手に達成感を感じたひと
ときとなりました。